FXでいかにして儲けるか

FXの取り引きで生まれる利益には2つの種類があります。


一つは比較的長期間の投資を目的としたときに効果を成す利益で、これは投資した二つの通貨の間の金利差によって生まれるスワップポイントと呼ばれる利息の獲得を目的としたものです。
そしてもう一つは、為替レートの変動を利用して売買を行い、その為替差益を得る方法になります。こちらがFX取引の主たる部分になり、比較的短時間で投資した結果が反映されます

為替差益と聞くと難しく感じられるかもしれませんが、内容は単純明快です。
「安く買って高く売る」「高く売って安く買う」という、私たちが日常的に行っている買い物と、その仕組みはほとんど変わることはありません。
刻々と変動している為替レートを基準にし、Aの通貨の価値が安いうちにたくさん買っておいて、その価値が上がったときに売ってその差を儲ける。
または、高いAの通貨を売って、その利益を使ってAの通貨の価格が下がったときに買い戻してその差を儲ける。……これを「為替差益」といいます。
また、同じように為替レートを基準にして売買をした結果、損失が出てしまうことを、「為替差損」と呼んでいます。

それでは、少し実例を挙げて、為替損益を考えてみましょう。
手持ちの資金10000円で1ドル=100円のドルを100ドル買いました。為替レートに変動があり、1ドル=150円になりました。先に買っていた100ドルを売って15000円を手に入れました。
つまり、10000円の投資をしてFX取引を行い、15000円を受け取ったことになり、結果として差し引きで5000円の利益が発生して、あなたは儲かったことになります。

もう一つのパターンについても考えてみます。
手持ちの資金100ドルを1ドル100円で売って10000円を手に入れました。為替レートに変動があり、1ドル50円になりました。先ほど得た10000円で今度はドルを買い戻し200ドルを手に入れました。
つまり、100ドルの投資をしてFX取引を行い、200ドルを受け取ったことになり、結果として差し引きで100ドルの利益が発生して、あなたは儲かったことになります。

実際の取り引きでは、レバレッジと呼ばれる信用取引を利用し、投資金額の何倍もの金額を動かすことができるため、この利益の幅はさらに大きく広がります。
しかに、場合によってはこの全く逆の動きをすることもあり、そうなると大きな為替差損を受けてしまうこともあるので注意が必要です。
決して無理な儲けに走らず時には冷静になり、為替レートの動向や市場の流れ、社会経済の様子などもしっかりと把握したうえで、きちんとした予測を立てることが、より勝率を上げることにつながるでしょう。


BO こういう方にオススメ!

- ゆっくり投資の時間がない方

- お小遣い感覚でできる方

- FXが難しいという方

- 利益と損失をはっきりしたい方

- 取引に興味のある方

- お金を稼ぎたい方

BestChoice!